今、幻肢痛の軽減が期待できる取り組みとして、VR治療による臨床試験が東京大学医学部の研究グループによって行われています。

感覚的に感知してしまう難治性の痛みの軽減

幻肢痛とは、手足等を切断してしまった後、既に存在しないはずである手足において感覚的に感知してしまう難治性の痛みとして知られています。

従来は治療することが非常に難しいとされていたものですが、これがVR技術によって治療できるかもしれないと言われています。

既に同研究グループによれば、仮想現実システムを用いて、既にない手足を自分の意思ではっきりと動かしているような錯覚を何度も繰り返すことにより、患者の幻肢痛が和らぐことが明らかにされています。


神経因性疼痛の改善にも利用できるとされている

そもそも幻肢痛が起きるメカニズムとしては、実際には手足は失っている方が、脳内において既にないはずの手足を動かすイメージを作ること、この作業がうまくできない場合に発生してしまうのではないかと今では考えられています。

脳内のイメージによる影響が痛みへと繋がってしまっている、そう考えれば確かにバーチャルリアリティ空間内において、手足を確かに動かしている様な感覚を取り戻すことができれば、痛みが改善するというのも納得ができますね。

このシステムを用いて研究グループは、前述の発症メカニズムについて、脳内における運動表像の異常と痛みに関連性があることを実証し、新たな治療方法の開発に成功したのです。

同様のシステムを用いての治療としては、神経因性疼痛の改善にも利用できるとされています。