VR技術の活用が最も来たいされている分野の一つとして挙げられるのがこの医療業界です。

対応できるような外科医をトレーニング

ある一つの例として、PCなどのデバイスに積まれているグラフィックボードを製造しているメーカー「NVIDIA」が既に同社の公式サイトにてVRを活用した医療の事例を紹介しているのです。

この技術の活用は、ボストンに拠点があるOsso VR社が取り組みを行っています。

皆さん、一つ想像してみてください。医療処置が非常に難しいものになってくると、それに対応できるような外科医をトレーニングするためにはどの程度の労力、経験などが必要となってくるでしょうか。

確かな技術は確かな経験からしか生み出すことはできません。

また、そのような経験をすることができる機会に恵まれる医師もそれほど多くはないでしょう。

優秀な多くの医師を輩出していくためには、常に貴重な経験が必要なのです。

それも豊富に。

しかも実際の現場において失敗は許されるものではありません。非常に難しいことです。


これらのようなシステムが一般的となる日も近い

しかし、VRによる手術のシュミレーションを行うことで、診断制度、処置における技術を格段に向上させることができるようになります。

実際には映像を見るだけでなく、実際に手を動かして体験することとなりますので、実際の手術に近い形で仮想体験することができるのです。

また、Biofight VRによって精密検査を行うという例もあります。

このプラットフォームではMRIやCTスキャンの画像をVR空間で再現し、診断制度を向上させることに取り組んでいます。

これらのデータを3Dにして確認することができるようになるのです。

いずれの方法も低コストで現実的なものばかりです。

日本において、これらのようなシステムが一般的となる日も近いでしょう。