VRが思っているよりも身近で使われている例としては、フィットネスクラブや体幹トレーニングなどを行っているジムが挙げられるでしょう。

筋力トレーニングとしても非常に有効

皆さんは「え、そんなところで」と思われるかもしれません。

しかし、実は既に六本木のプライベートジム「THE VODY RIDE」ではVRを用いた最新型のフィットネスマシン「ICAROS」が導入されているのです。

このフィットネスマシンでは、ヘッドマウントディスプレイを装着し、ICAROSに搭乗します。

VRを用いてのトレーニングは最早トレーニング感覚というよりは、ゲーム的な感覚に近いものになるかもしれません。

人によってはアトラクションのようにも感じるでしょう。

しかし、それでも実際には体を激しく動かすこととなりますので、筋力トレーニングとしても非常に有効ですし、体幹を鍛えることがもできるでしょう。

イメージ出典サイト:http://dverse.me/news/archives/485

スポーツなどのシーンにおいてもVRは活躍を始めている

VRで健康促進と言えば、先の六本木の他にも、渋谷に新たなフォットネスクラブが展開されることも発表されています。

レズミルズプログラムに特化したスタジオとなるようです。

日本ではまだ主流とは言えませんが、世界中のフィットネスシーンにおいてはVRを用いてたものが既にムーブメントを巻き起こしているといっても過言ではないでしょう。

このようなスポーツなどのシーンにおいてもVRは活躍を始めているということがよく分かりますね。

イメージ出典サイト:http://www.gizmodo.jp/2016/01/super-bowl-100vr.html