医療現場を大きく変化させてしまう可能性が大きい技術、VRですが、既に様々な部分で医療現場においても導入、実践が始まっていることは既にお分かり頂けているのではないかと思います。

教育現場で期待されるVRとAR

今回は、それらの中でも最も大きく医療現場を変えてしまうかもしれないVR技術の実用例として、医療教育におけるVRの活用について少しお話をしたいと思います。

現在、VRは仮想空間を作る中で仮想的な体験をすることができる画期的な技術として期待されていますが、その発展形としてAR(拡張現実)と呼べる技術も期待されています。


非常に学習効率の高い教育方法

このARは現実上にデジタル処理した画像を重ねるのが特徴。

例えば医学教育を行う際に、教室内で立体映像で学ぶことができますし、手術現場の疑似体験を非常に臨場感あふれる形で体験することができるのです。

これは既にVRで職業訓練することすら可能になっていると言えます。

VRやARは平面的な世界ではありません。あくまで立体映像ですので、手術において複雑となる部分も全て可視化することが可能です。

そのため、非常に学習効率の高い教育方法となることは間違いないでしょう。

今後、アプリケーションが更に開発されていけば、医師の学び方そのものが大きく変わることと思われます。