医療業界でも話題になっているVR

昨今、巷で話題になっているVR(バーチャルリアリティー)について、皆さんは既にご存知でしょうか。

一言で言えば「仮想空間」あるいは「仮想現実」と呼べる映像世界を体験することのできる技術であり、一般にはVRを用いたシュミレーションシステムが例えばゲームであったり、ウェアラブル端末であるグーグルグラスなどの機器、体験型のエクササイズマシーンとして導入され始めていたりもします。


医療×VR技術ならではの優れた利点

今まで触れたことの全くない方にとっては、完全に未知なる技術だと思ってもいいほどの新しいものではありますが、VR技術ならではの優れた利点は、この医療業界においても非常に期待された存在です。

VR技術の発展が更に進めば、今後はより多くの医療現場へ普及が進んでいくでしょう。

また、技術の進歩に伴って、現場で働く医師たちの働き方も今と同じではなくなっていきます。

医療現場において考えてみると、医師求人情報の内容そのものや転職理由など、求人市場全体が大きな変化を見せるでしょう。


早い速度で医療現場への普及が始まっている

今日では、まだ発展途上の感も否めないVR技術ですが、それでも私たちが思っているよりは早い速度で医療現場への普及が始まっているのです。

ご存知の方も多いでしょうが、既に医療現場においても有効活用されている例もあります。

様々な術式の仮想シュイレーションを容易に行わせることができるシステム、VRによる仮想体験を用いて患者さんの苦痛を取り除くVR治療、VRセラピーなどが例として挙げられます。

そこで、次の記事以降では様々なVR技術の一端をご紹介してまいりたいと思います。